もし作らなかったら

前述までの通り、卒園アルバムを作ることには大事な理由があります。卒園時に思い出を振り返ることだけでなく、のちに長きに渡り家族の関係を豊かにするものともなるかもしれません。では、一方で作らなかった場合は、どのようになるのでしょうか。

悲しむ子供まずひとつに、子供が悲しい思いをするかもしれません。というのも、冒頭で触れている通り卒園時に卒園アルバムを作るのは定番的となっています。それだけに、友達の家庭ではみな作っているにもかかわらず、自分の家だけ作ってもらえていないと分かれば、とても悲しんでしまうかもしれません。

次に、小学校に入ってからの生活に、不具合が生じてしまうことも考えられます。卒園時にそれまでのことをしっかり振り返っている子供と、特に深く考えず流れのまま小学校生活を始める子供では、勉強や人格形成など、何かしらの面で差がついてしまう可能性も出てきます。

そして、前述で触れている卒園アルバムを作ることによるメリットが得られないというのも、デメリットでしょう。初心に返るための記録がひとつ減ってしまう、また何かトラブルがあったときに家族の絆をとり戻せなくなるといった展開も考えられます。よほどの理由がない限りは、ぜひ作っておくことをおすすめします。